森信三の世界:社団法人実践人の家
「人生二度なし」
如何に生きるべきかの根本真理の世界へ
HOME > 取扱書籍 > 家庭教育の心得21

B027 家庭教育の心得21  森信三 著 寺田一清 編
母親のための人間学
森信三先生の「家庭教育についてこれから申し上げるにあたり、真っ先にわたしの心の鏡に浮かぶのは、現在皆さん方が、日夜心を砕いて育てておられるお子さんたちが、今後20年たちますと、その人たちのすべてがそれこそ「21世紀人」となり、全世界の注目の「的」となって、広く国際舞台においてこの祖国日本を支えていっていただかねばならぬが、しかしそれが、果たして見事にやってのけられるかしら?という深い不安の念を掩い難いのです。
この点皆さま方はいったいいかがお考えでしょうか。」という自序ではじまるこの本は、一つひとつの具体的な事柄について、わが子の育て方、しつけの仕方、そしてわが子を人間としての軌道に載せるための真の「人間教育」などの家庭教育の諸問題を21項目についてまとめてれております。

読者レビューを見る
発行: 致知出版社
サイズ: 縦20.0cm
頁数: 192頁
価格: 1,300 円 (税別)
送料: 別途実費
 冊  
自 序
1.子どもの躾は母親の全責任!
2.親の言うことをよく聞く子にする秘訣 ―躾の根本原則三か条の徹底
3.父親を軽んじてはわが子の「人間教育」はできない!
4.父親はわが子を一生のうち三度だけ叱れ
5.子どもの前では絶対に「夫婦喧嘩」はするな!
6.夫婦は一日に一度は二人だけで話す機会を
7.わが子をどういう人間に育てたいのか ―その根本方針について話し合う
8.立腰(腰骨を立てる)は性根を入れる極秘伝
9.女子の教育は「家事」を手伝わせるが秘訣
10.わが子を丈夫な子にする秘訣 ―物と心・心と体の調和と統一
11.兄弟喧嘩は神がねじ巻をした変態的スポーツ
12.わが子を勉強好きにする秘訣 ―家庭学習はまず朗読からスタート
13.時には飢餓感を体験させよ! ―これも真の愛情
14.金のシマリは人間のシマリ
15.一事を通してその最大活用法を会得させよ
16.九つほめて一つ叱れ ―これでもまだほめ方が足りない
17.詩歌の暗誦 ―これ真理の種まきとして最上
18.子どもや若者は車内では必ず立つように躾せよ
19.テレビ対策を根本的に確立すべし
20.真の愛情は、母親の「人間革命」によって
21.母親は家庭の太陽である

あとがき
現代に生きる森信三先生の教え


このホームページのすべての文章の文責および著作権は社団法人 実践人の家に帰属します。